KDP(電子出版)のメモ 急急如律令

Amazon Kindleダイレクト・パブリッシングでの電子出版や電子書籍の作成販売について、文章やイラストの作成や編集方法について書いています。

広告

今までに出版した電子書籍

Amazon.co.jp: 急急如律令: Kindleストア

 

kritaの使いかた  11 合成モードで色塗り3 テクスチャ

krita カテゴリーの記事一覧 - KDPのメモ 急急如律令

 テクスチャは、素材の表面だがCGでは質感を出すためによく使われる。3Dだったら、そのまま貼り付けてもある程度見栄えがいいが、絵を描く時に使う場合で二次元の場合は、そのまま貼り付けると模様の方向が変に見えることがある。

 そういう時に変形して貼り付けることで、模様の方向やシワの形を合わせることで、質感を表現する。

そこで素材を集める、変形するという作業が必要になる。変形では、画像編集ソフトでいくつかあるけれど、kritaで説明されている。いくつかの機能を利用して見ようと思う。

まず、箱を書くじゃろ。影を描くだろ

f:id:kyukyunyorituryo:20150627234501j:plain

f:id:kyukyunyorituryo:20150627234515j:plain

f:id:kyukyunyorituryo:20150627234538j:plain

テクスチャは普通変形してから貼り付けるだろう。

テクスチャは以下のサイトからとってきました。

www.beiz.jp


そうすると木箱だったり金属の箱というのができる。が、どう見てもおかしい気がする。

www.youtube.com

次は動画のようにパース変形して貼り付けるのをやってみようと思う。


 材質以外に模様をつけるのに、マークを平面上に書いてから。貼付けして、合成モードで合わせることで模様をつけることができる。

参考:

sp-cute.hatenablog.com

artus.blog.jp