KDP(電子出版)のメモ 急急如律令

Amazon Kindleダイレクト・パブリッシングでの電子出版や電子書籍の作成販売について、文章やイラストの作成や編集方法について書いています。

広告

今までに出版した電子書籍

Amazon.co.jp: 急急如律令: Kindleストア

 

EPUB3の漫画向けkindleやibooksのメタデータ設定

99nyorituryo.hatenablog.com

 EPUB作成サイトを作っていたので完成したら、各電子配信サイトで実際に売ってみて検証しようとおもってたんだけど先に越されていた。

FixedLayout Epub3.jsでEPUBを作って実際に販売したようだ。デジタルコミック協議会のEPUBの仕様通りに作って多少作りやすく変えている。なので、コボやブックウォーカーでは大丈夫だろう。キンドルではプレビューワーやkindlegenでエラーが出ないのを確認して。PaperwhiteやfireやWindowsで表示が問題がないことを確認はしている。

hunkotu.hatenablog.com

  FixedLayout Epub3.jsで作ったEPUBがどのような表示になるかは下のキンドル書籍を買ってみるとわかるかも。

かっぱとせ 天狗殺し編

かっぱとせ 天狗殺し編

 

 

 コボのサイトでは、電書協とデジタルコミック協議会のEPUBで作るようにと書かれていた。KADOKAWA EPUB仕様でも電書協がベースだったので、国内の電子配信サイトでは売れるかと考えていた。

y-nakase.hatenablog.com

 紹介されました。ただファイルはアップロードはせずにブラウザでEPUBを生成している。なので画像ファイルをいっぱい入れてもサーバーにアップロードしていないので負担はかからない。アップロードしないので、ネットの速度に依存しない。その分PCの性能やブラウザの影響が大きくchromeでの動作確認を主にしている。iOSではOSの制限によって保存ができず、アンドロイドでは一括でファイルの選択ができない制限がある。

 スマホアプリを作ってスマホで作成することも考えたが欲しい人はいるのだろうか。どちらにしてもMacを持ってないのでiOSアプリは作れそうになない。

 HTML5アプリやクライアントサイドJavaScriptと呼ぼれるやり方。概略はQiitaのほうで説明している。

qiita.com

 これがソースコードでJavascriptなのでどうしてもオープンソースになっている。javascriptがわかれば自分用のカスタマイズしたEPUBが作れるかも。

github.com

 

 キンドル向けの設定

 最新のキンドルパブリッシングガイドラインよりメタデータの設定がだいぶ電書協EPUBに近づいてるように思う。キンドル独自のパネルビューの設定は別にする必要がありそう。kindlegenの変換ログを見るとoriginal-resolutionとbook-type comicも自動で追加されていて表示には問題がない。追加するとpreviewerや実機Fire HDでの表示がおかしくなった。よく入稿されるパターンに近い形式だけチェックされていてそこから外れるとチェックされてないのかも。

https://kindlegen.s3.amazonaws.com/AmazonKindlePublishingGuidelines_JP.pdf

 ただ、<meta name="primary-writing-mode" content="horizontal-rl"/>だけはパネルビューの設定のために入れている。

f:id:kyukyunyorituryo:20170714004308p:plain

 

  ibooks向けの設定

 ibooks向けでは prefixやibooks:bindingを以前は追加する必要があったが現在では非推奨になっている。

【EPUB】固定レイアウトEpubを作ってみた « こざくらラボ

 

iBooks アセットガイド 5.2.5

これまで、見開きごとに 2 つのドキュメントを持つ固定レイアウトのブックは、本の背、ページ、ページのめくれを備えた書籍らしい外観を保持していました。この書籍らしい外観の設定は、ibooks:binding プロパティで上書きすることが可能でした。今後は、固定レイアウトのブックで書籍らしい外観がサポートされなくなるため、ブック綴じ用プロパティに関する文章と例は本書から削除されました。

 ibooks:bindingは非推奨と書かれている。下位互換のためにいれてもいいかも。

 

kindle comic creatorの代替を作ろう

 kindle comic creatorで漫画の電子書籍が簡単に作れる。けれど出力されるファイルがキンドル専用で目次の編集が面倒だった。そのため目次の編集するツールを作って補っていた。でも、どうせなら全体をいっぺんに作るようにしようとEPUBを作るプログラムをつくった。キンドルコミッククリエイターを使っていた人の乗り換え先を狙っている。

 キンドルコミッククリエイターではMOBIファイルまで一度に出力できるが、目次を編集するには、NCXファイルをテキストエディタで書き換えていた。その後にOPFファイルをキンドルプレビューワーに読み込ませることで作っていた。

www.amazon.co.jp

kdp.amazon.co.jp

以前までの工程

  1. キンドルコミッククリエイターで出力
  2. NCXをテキストエディターで書換
  3. OPFをkindle previewerにドラッグ・アンド・ドロップ

これからの工程

  1. FixedLayout Epub3.jsでEPUBを作る
  2. EPUBをkindle previewerにドラッグ・アンド・ドロップ

EPUBを作る

 EPUBを作るプログラムでEPUBを出力して、キンドルプレビュワーに読み込ませてMOBIに変換する。そうすることでテキストエディターでの編集作業をしなくてすむ。

EPUB作成サイトは次のリンクとなる。

FixedLayout Epub3.js

基本的な構成はキンドルコミッククリエイターに似せているのでだいたい分かるかも。

 名前順に整列をクリックしないと画像がソートされないので注意。

ファイル名が1、3、11だと 1、11、3と整列されるので001、003、011のように数字の桁合わせをする必要がある。

 目次の編集で追加をクリックすると目次を増やすことができる。

左側がファイル名で、右側が目次にする内容。

たとえば、

  • 001jpg 目次
  • 002.jpg 第一話

のように目次の内容を書き込める。

 保存で、EPUBがダウンロードのように保存画面が出る。

 

 現在の問題点、綴じ方向が指定できない、パネルビューの移動方向が指定できない。これは次に機能をつける。

 

プライムデーで気になった商品

Fire HD 8 タブレット (Newモデル) 16GB、ブラック

Fire HD 8 タブレット (Newモデル) 16GB、ブラック

 

 いつもなら11,980円にプライム会員で4000円引きで7980円が5,980円になっていた。

 

 

togetter.com

電子書籍作るのは簡単か?

 電子書籍のどのあたりにコストがかかっているかがわかっていないのよね。専門書の棚の電子化があんまりで、紙の本の置き場所に困っている。

 一回作ったら紙の電子書籍も自動で出力する機能があればいいのだろう。電子書籍を作る時に仕様について調べて、電書協の資料を見ていた。その時に感じたのが仕様が電子配信する会社で異なっていてるところがある。配信サイトごとに作る必要があるので、コストはかさみそうだな。この辺を自動化できないものかなとはおもう。

 共通部分だけを取って電子書籍を作るとどうしてもレイアウトが味気なくなるな。

www.kotsulog.com

 

 今あるソフトでも微妙に違うなと思うところがあったので、自分でEPUB作成プログラムを作ってみた。サイト作ってもあまり知名度ないので便乗だ。

github.com

デジタルコミック協議会のEPUBの問題点

 キンドルの漫画ではパネルビューという機能がついてる。イーインク端末やファイアー端末で漫画をひらいてダブルタップすると拡大して表示される。その拡大時の移動方向を指定がデジタルコミック協議会EPUBに書いていなかった。そのパネルビューは キンドルパブリッシングガイドラインより。

<meta name="primary-writing-mode" content="horizontal-rl" />

 rlとlr、horizontal、verticalの設定がある。

 

このmeta属性が干渉しなければ入れようと思う。

 これらの設定がデジタルコミック協議会EPUBには含まれていない。

機能追加のロードマップ

  • 閉じ方向を選択できるようにする。
  • パネルビューを使えるように。
  • 画像を見やすくする。広告をつけるかも。

 綴じ方向の問題

右綴じの場合はこうする

<spine toc="ncxtoc" page-progression-direction="rtl">

本文で見開きにする場合、page-spread-rightの次にpage-spread-left

<itemref linear="yes" idref="p-001" properties="page-spread-right" />
<itemref linear="yes" idref="p-002" properties="page-spread-left" />

 

左綴じの場合は

<spine toc="ncxtoc" page-progression-direction="ltr">

本文で見開きにする場合、page-spread-leftの次にpage-spread-right

<itemref linear="yes" idref="p-001" properties="page-spread-left" />

<itemref linear="yes" idref="p-002" properties="page-spread-right" />

スマホ対応

 html5+javascriptで作ったらスマホやタブレットで動くかと思ったが。アンドロイドだと複数ファイルの一括選択ができない。iosだとfilesaver.jsが動かない。アプリでやれってことなんだろう。cordovaを使えば、html5+javascriptをスマホアプリにできるだろうけど。

 

日本語のページでは見つからなかったので英語で参考にした所。

stackoverflow.com

github.com

anond.hatelabo.jp

「夜明け告げるルーのうた」について

「夜明け告げるルーのうた」は受賞するまであんまり注目されていなかった。アヌシー国際アニメーション映画祭長編部門クリスタル賞、長編部門の最高賞を受賞したので上映館が増えるだろう。

 

 クローズアップ現代+の中で新しいアニメーションの制作手法として、FLASH(現在Animate CC)を利用した作り方で紹介されてた。FLASHアニメは昔のイメージしか残っていないでいる。ウェブサイトを開いた時に読み込まれるまで長く待たされた。

 動きの指示ができるのコマ単位に制作する場合と比べて人手がかからない。制作費が削減できるのだろう。 

www.nhk.or.jp

 

www.youtube.com

lunouta.com

 

 

eiga.com

上映館を調べると殆どないが今後増えるようである。

 

 

 

夜明け告げるルーのうた アートブック

夜明け告げるルーのうた アートブック

 

 

小説 夜明け告げるルーのうた

小説 夜明け告げるルーのうた

 

 

 そういえば、「この世界の片隅に」も審査員賞を受賞していて。感想については以前書いたので。

 

99nyorituryo.hatenablog.com

 

www.youtube.com

www.youtube.com

 

In This Corner of the World (Kono sekai no katasumi ni) (2017) - Rotten Tomatoes

 

  ブルーレイディスクの発売が9月だから動画配信もその頃かと思っていたが、すでに配信されている。

この世界の片隅に

この世界の片隅に

 

 

 

 アニメ制作で疑問に思うことがあった。3D、フラッシュ、紙に鉛筆でと差が大きい。漫画の方では7割が全部デジタルに置き換わっているのに。

 

www.youtube.com

www.youtube.com

togetter.com

mannavi.net

 

JavaScriptでXMLの整形

 JavaScriptだけでXMLの整形をするのを日本語で検索したらなかったのでメモをとっておく。vkBeautifyというのを使って整形したが他にも色々整形できるようだ。EPUBを出力する時にXMLがパーサーやシリアライザーを使って編集をすると出力されるXMLがあまりきれいにならない。

 

github.com

 以下サンプルコード

vkbeautify.jsを入れる動く。テキストエリアにXMLのテキストを貼り付けて変換をクリックすると整形される。

xml整形