KDP(電子出版)のメモ 急急如律令

Amazon Kindleダイレクト・パブリッシングでの電子出版や電子書籍の作成販売について、文章やイラストの作成や編集方法について書いています。

広告

今までに出版した電子書籍

Amazon.co.jp: 急急如律令: Kindleストア

プライバシーポリシー

 

PA-API v5からの情報の取得するにはPA-APIでの売上実績が必要

 アマゾンからデータだけ取りたかっただけなんだが、どうしてこんなにも手間がかかっているのだろうか。売上をあげないのにデータを取って負荷を掛ける人を制限したいのだろう。PA-API v5を調べていくと、

 

 PA-API v5を使うには

  1. サイトでアフィリエイトから売上を上げる。
  2. 認証キーを取得する
  3. PAAPIから情報を取得する
  4. PAAPIのURLから売上を上げる。

という工程が必要なようである。今現在は4番目のPAAPIからのURLからの売上を上げるで詰まっています。PA-API v5をサイト上で試せるスクラッチパッドというものがある。

 

 新しい方のスクラッチパッドだとtoomanyrequestとでてしまう、要するに売上実績がないぞという意味です。

webservices.amazon.com

 古いほうだと問題なく取得できる。

 

webservices.amazon.co.jp

 

 つまり下のようなPA-APIが吐き出したURL経由の購入がないといけないわけか。下のリンクはProduct Advertising API Scratchpad (beta)からHTMLを選んで貼り付けた。

アソシエイトコードと貼り付けだけで見るとそんなに違いがないように見えるのだが。はてなブログを使っているとこういう罠にハマるのでしょう。

もういっそPA-APIから情報を取るクローム拡張でも作ったらいいかな。