読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KDP(電子出版)のメモ 急急如律令

Amazon Kindleダイレクト・パブリッシングでの電子出版や電子書籍の作成販売について、文章やイラストの作成や編集方法について書いています。

romancerで電子書籍を作ってみる

EPUB3 kindle キンドル 個人出版 Romancer

f:id:kyukyunyorituryo:20140725222853j:plain

Romancer | Romancer(ロマンサー)はあなたの電子出版ツールです

 

 romancerというボイジャーEPUB作成サービスが開始したので、そのサービスの使い方について調べてみました。

ワード、PDF、画像ファイルからリフローレイアウトや固定レイアウトのEPUBを作成するサービスのようです。

 

用意するもの

  • ワードの文書(docx)
  • 表紙画像
  • pdf
  • 連番画像をzipファイル化したもの

 zip化した画像ファイルは、マンガや写真集などの固定レイアウト用です。

画像ファイルの解像度が1024〜1560pxとなっています。しかしキンドルでの改造での指定では3000px程度でも販売できたのでどの程度のファイルを対応されるのだろうかな。

 キンドルの上限ファイルサイズが650MB に変更されたので、ファイルサイズの大きいファイルをアップロードしているとサーバーの費用だけで大変そうに思うのだけれど。

 アカウントの作成

トップページから、今すぐやってみるというところをクリック。

 

f:id:kyukyunyorituryo:20140725222853j:plain

ユーザー登録ページ

ユーザー登録ページからメールアドレスとパスワードを入力。登録したメールアドレス宛にで登録が完了したと通知があります。

f:id:kyukyunyorituryo:20140725222945j:plain

 ログイン

 ログインするにはトップページの右上のログインページをクリックするとログインページが開かれメールアドレスとパスワードを入力を促されます。

f:id:kyukyunyorituryo:20140725222934j:plain

メールアドレスとパスワードを入力してログイン。

f:id:kyukyunyorituryo:20140725224105j:plain

 

 リフローレイアウトなのでWordで作ることにします。

 WIndows8使っている人ならオンラインでオフィスが使えるのでそれを使ってdocxファイルを作成しました。libre officeでもいいらしいよ。

Office Online - Microsoft Office ドキュメント、スプレッドシート、プレゼンテーションなどを使ってオンラインで共同作業を行います

 

ワードでの設定内容

 設定内容は、目次となる見出しの設定を中心に観ています。多分、ワードでのフォント指定と見出し指定がごっちゃになる人が出てくると思う。

 

f:id:kyukyunyorituryo:20140727114459j:plain

見出しにした部分の文字を選択して、ワードの

あア亜

見出し1

となっている部分をクリックして見出し1に指定する。見出しは目次として表示され、例えば第一章となる部分。フォントゴシック、文字サイズ20を選ぶ。

f:id:kyukyunyorituryo:20140727114536j:plain

ワードのメニューバーのページレイアウト[段落前1.0行][段落後0.5行]を選ぶと書いてある。

見出し1は章、見出し2は節に相当する。

見出し1 フォントサイズ20 章

見出し2 フォントサイズ14 節

そして、ワードを保存して、romancerにアップロードする。

アップロード

作成したwordの文章をromancerにアップロードして変換します。

romancerのログインしたページから、[会員メニュー][本を作る][新規作成]で

f:id:kyukyunyorituryo:20140727112735j:plain

新規作成で、ファイルをアップロードするタイプを選ぶか、ブログのようにその場で編集する方法を選びます。ここではwordをアップロードする方法を選択します。

f:id:kyukyunyorituryo:20140727113258j:plain

ファイルに必要な情報を入力して、変換をクリックする。

タイトル、タイトルふりがな

表紙画像のファイル選択

著者名、かな

ファイル名を決める。半角英数字が無難だと思う。

f:id:kyukyunyorituryo:20140727113636j:plain