KDP(電子出版)のメモ 急急如律令

Amazon Kindleダイレクト・パブリッシングでの電子出版や電子書籍の作成販売について、文章やイラストの作成や編集方法について書いています。

広告

今までに出版した電子書籍

Amazon.co.jp: 急急如律令: Kindleストア

プライバシーポリシー

 

AozoraEpub3をアンドロイドに移植するにはどうすればいいのか

 AozoraEpub3のコード見ながらタイトルのようなことを考えています。ネットで調べていると、アンドロイドとデスクトップアプリの違いはUIだけだからほとんどそのまま使えるよって書いてある。だけどコードを見ていると、そんな気がしないんだよね。

 

 JavaUI部分のコードは使えないのと、設定ファイルの読み込みをどのように構築するかの問題がある。テンプレートファイルを手動で書き換え使っている人がいるのだが、それを書き換えることができるようにするには、ファイルを外部読み込みにするのもありかなと思っている。

 まぁ、とりあえず基本的な部分に、アンドロイド的なUIをつけるという単純な形式で対応してみたいと思おう。

 EPUBからMOBIに変換するのにkindlegenを使うが、アンドロイド用のkindlegenがないので、linux用のが使えるのかが気になっている。それが使えなかったら、ネット経由で、MOBI変換できるところに投げるというのもありかな。EPUB変換できるならEPUBビュワーで見ればいい気もするのだが。KDPをやっている人ならばKDPのアップロードサイトで変換できるし。

 

 android studioにAozoraEpub3のコードを読み込ませてみると、awtとswingでエラーを吐いているのがわかる。androidにawtとswingが含まれていないから当然。

 コマンドラインで、Usage: java -cp AozoraEpub3.jar AozoraEpub3 [-options] input_files(txt,zip)

でやっていた部分のAozraEpub3.jarの部分が動いたからまー良しとしよう。

 突っ込んだことによってどの部分にawtやswingが使われているかが一目瞭然になったのはいいのだけど、android用に置き換えないといけない部分が多くあることがわかったという。ただ、多いので機能を限定して使いやすそうな部分だけを作ろうかなと思う。